40代以上の女性の髪と頭皮の悩みにおすすめのヘアケア商品を実際使ってみた感想や使用感をレビュー

40代からの髪と頭皮に良いシャンプーの選び方

40歳を超えるとホルモンバランスが変わってくる時期ということもあって、肌や体調だけでなく髪の毛にも変化が出始めます。
そのことによって、今まで使っていたシャンプーやコンディショナー、トリートメントが合わなくなったと感じる人も多いと思います。

shampoo01

私も、今まで自分の髪や頭皮にトラブルがなかったので使い続けていたシャンプーやコンディショナーやトリートメントなどのヘアケア製品が合わなくなってきたと感じ始めてエイジングケアできるヘアケア商品を探し始めました。
エイジングケアのためのヘアケア商品というと、どうしても薄毛や白髪のための商品と思いがちですが、ヘアケアもスキンケアと同じで髪の健康のためには、まず、髪の毛が生えてくる土台となる頭皮の健康がが大事だと思います。

若い時は、髪の毛の枝毛や切れ毛などの髪の毛自体のダメージばかりを気にしていましたが、頭皮のケアをしっかりしてあげげることで、年齢による髪や頭皮の数々の悩みは解消されると思います。

そこで、頭皮に優しいシャンプーはいったいどんなシャンプーを選んだらよいのかということですが、
40歳を過ぎた女性には、頭皮と髪にやさしいアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

 

市販で販売されているシャンプーには、どのような種類がある?

若いころは、シャンプーを選ぶ基準は、憧れの女優さんやモデル、タレントがテレビCMや広告に出ていたり、シャンプー後に残る香りを重視で、シャンプーの成分なんて見たことがありませんでした。
せいぜい、パッケージに書いている「さらさらタイプ」とか「しっとりタイプ」を参考に選ぶくらいでした。
なので、自分の使っているシャンプーの洗浄成分の特徴などよくわかりませんでした。

ですが、シャンプーは、使用されている洗浄基剤(シャンプー剤の主成分)の原料によって、大きく分けて下記の3つに分類されます。

  • 高級アルコール系シャンプー
  • 石けん系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

 

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーは、高級と名につくからと言って品質の高い原料が使われているシャンプーというわけではありません。
使用されているアルコールの分子に含まれる炭素数が多いものが高級アルコールで、少ないものを低級アルコールと呼びます。
炭素数が多いものは、泡立ちがよく程よい洗浄力があるので一般的に販売されているシャンプーの多くは、高級アルコール系シャンプーです。

石けん系シャンプー

石鹸系シャンプーは、天然由来の原料から作られていることや、昔から使われているので安全性を重視する人から支持されています。
洗浄成分として、天然由来の油脂や、脂肪酸にアルカリを反応させて作られた界面活性剤が使用されています。
石鹸はアルカリ性で洗浄力も強いので毛穴の汚れはしっかり落としますが、頭皮の皮脂を取りすぎてしまうこともあるので毎日シャンプーする場合には、シャンプー選びに注意が必要です。
アルカリ性のシャンプーは、髪の毛のキューティクルが開いてしまう可能性もあります。

アミノ酸系シャンプー

高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーと比較して、刺激が少なく頭皮にやさしいので、肌の弱い人や、頭皮や髪が乾燥しやすい人に人気のシャンプーです。
洗浄力はあまり強くないのでしっかり汚れや頭皮の脂を落としたいオイリー肌の人には物足りないかもしれません。

シャンプーの種類 洗浄基剤
高級アルコール系シャンプー ラウリル硫酸Na
ラウレス硫酸Na
ラウレス-5硫酸Na
ラウリル硫酸TEA
ラウレス硫酸TEA
石けん系シャンプー 脂肪酸
石鹸素地
アミノ酸系シャンプー メチルアラニン
グルタミン酸
グリシン
サルコシン